ブログ

チュートリアル通信第12回 合格者が教える「心理学」の試験対策

チュートリアル通信
河合塾KALS 臨床心理士指定大学院講座 チュートリアル通信
チュートリアル通信では、大学院に合格したKALSのチューターが、勉強法や参考図書、研究計画書について、各大学院の様々な情報や、心理士事情など皆さんに有益となるようなコンテンツをお送りしていきます。日々の勉強の合間の息抜きとして、是非ご覧になってみてください。

第12回 勉強法を確認しよう!心理学編
河合塾KALS臨床心理士指定大学院講座

新宿校チューター : 今井美沙


皆さん、こんにちは!先日、臨床心理士の資格試験がありました。皆さんと同じ志を持った先輩方も資格取得に向けて頑張っています。皆さんも、目標に向けて頑張っていきましょうね!
さて、今回は試験勉強のやり方を見直したいと思います。大学院入試の勉強は、一般的な大学入試とはやり方に違いがあります。それを知ったうえで、勉強を進めていくことが何より重要になります。春に受験を考えている方は、やり方を再確認して本番に向けた準備をしていきましょう!

大学院の試験とは?

そもそも、大学院の試験とはどのようなものがあるのでしょうか?大学院受験では、①筆記試験を経た後に②面接試験という流れで実施されます。①の筆記試験では、専門科目(心理学)英語が設けられています。学校によっては、筆記試験と面接試験が同日実施の場合もありますが、多くは筆記試験に合格した方のみ面接試験に進めます。そのため、筆記試験突破が合格のための第一関門となります!

そして、どんな出題形式で出てくるのかも皆さん気になるところだと思いますが、これは各校によって大きく異なります。多くの場合は、後述する“用語説明”という問題がありますが、選択式の問題・論述問題などが設けられていることもあります。また、出題される心理学の範囲も心理学全般から幅広く出してくる学校もあれば、特定の心理学分野に特化して出題してくる学校もあります。

そのため、志望校がある程度決まってきたら、その学校の過去問を見てどんな問題が出されているのか、確認をしてみましょう!「どんな分野から出ているのかが、単語を見てもわからない…」という方は、KALSチューターに過去問を持ってきてくれれば一緒に見ながら検討しますので、ぜひ相談に来てくださいね(*^^*)※受講生向けのサービスです。

勉強のやり方

それでは、どのように勉強を進めていけばいいのでしょうか?今回は心理学についてみていきます。

専門科目(心理学)

専門科目からは、当然のことながら“心理学”の知識が出題されます。そして、臨床心理士を目指す方を対象としているため、心理学の中でも“臨床心理学”という領域の問題が多く出題されてきます。

〈心理学初学者の方は〉
 
まずは、心理学の概論書を通読してみましょう。概論書とは、心理学の知識を幅広く扱っている書籍です。各領域の流れを知り、心理学とはどのような学問なのかを把握することが大切です。その際、一冊の概論書だけではなくて、必ず数冊の概論書を手に取ってみてください。なぜならば、一冊で理解しようとすると、どうしても著者の偏りが生じてきてしまうからです。それぞれ専門領域が異なる著者の違う数冊の概論書を読み比べてみて、それぞれの説明文から総合的に各概念を理解していくことが必要です。  

〈心理学既学者の方は〉

今まで学習してきた中で、抜けているところを新たに把握することが必要です。もう一度概論書を読み直したり、KALSの講義で不明点を発見することも大切です。既に志望校が決定している方は、その大学院の過去問に目を通してみましょう。過去問を解いてみて分からなかったところが、今現在抜けているところになります。まだ志望校が決定していないという方は、毎週行われるKALSの概論や心理系英語の小テスト等で自分の弱点を把握してみましょう。

そして、ここまでやってみたら、“用語説明”の練習をしましょう!用語説明とは、特定の心理学用語を一定の文字数で説明してみることです。多くの大学院では、この用語説明の問題が出題されます。また、その他の形式の問題(選択式・論述)にも、この用語説明の練習をしていると対応できていきます!

そして、用語説明を行うにあたっては自分で作った用語説明をまとめた“用語説明ノート”を作りましょう。
この作業は、とても時間がかかります。しかし、この作業は大学院入試突破において一番の練習になります。なかなか大変でこの勉強を敬遠しがちな方もいますが、これを行うことが遠いようで一番の近道です。地道に一つ一つ積み重ねていきましょう!



次回は「英語」と「統計」についてお話します!

いかがでしたか??今回は心理学の勉強法についてお話しました。次回は「英語」と多くの人が「難しい!」と感じているかもしれない、
「統計」の勉強法をお話します!ぜひ楽しみにしていてください!


⇒他の記事も見る