KALS ビジョン記入シート

スクール事業部の皆さん、日々受講生や生徒のためにフォローアップや指導等の業務に邁進し、募集のため企画広報や個別相談、フロント受付に誇りを持って対応してくれてありがとうございます。

2015年以降様々な仕込みを地道に施行し、非常にニッチな市場をかき回し、その成果としてFY16、FY17と売上、収益とも大きく伸長しました。脆弱だった事業基盤もこの2年で盤石さを持ち、今年度以降も大きな外的環境が影響しない限り、さらに伸長できる体力を持つことが出来ました。皆さん一人ひとりの自覚や誇りがこのような成果を生み出してくれた結果です。本当にありがとうございました。今後もこの気持ちを持ち続けて頑張っていきましょう。

さて、我がスクール事業の好調さとは裏腹に、「予備校としての」河合塾は2024年に大転機を迎え、その後の市場(予備校部門領域)が大きく縮小することが想定されています。グループが直面する企業危機と言えるでしょう。KEIアドバンスもこの危機を乗り越えるための事前アクションを来年度からスタートしていきますが、その一躍を担うKALS(スクール事業部)としても当然、事業を進化させていかねばなりません。仮に10年後、皆さん個々が思い描く理想のKALSはどのような姿になっているのでしょうか。夢のある新生KALS創設に向け、まだまだやれることはいっぱいあるはずです。是非、この機会にお聞かせください。

藤倉雅之

★回答は、6月27日(水)14:00までにお願いいたします。

10年後の未来のことは、誰もわかりません。ですから、自由気ままに「妄想」してください。

10年後、事業等を問わずKALSは存在し、
あなたも年代等を問わず引き続きKALSで働いていると仮定します。
必須

今回は自由で闊達な意見を聞きたく、ニックネームでも可とします。

必須

10年後のKALSはバラ色の未来としましょう。その場合、KALSはどんな形になり、どんなことをやっているのでしょうか?

必須

あなたはKALSの一員としてどんなことを行っているのでしょうか?また、その時のチーム名(仮称可)も教えてください。

必須

たいへん恐縮ながら、あなたの年代は?